意味がわかると怖いコピペブログ

意味がわかると怖いエピソードやぞっとする話をまとめたブログです

事故系怖いコピペ

粉塵・・・爆発!?

俺の、同棲してる彼女の話だよ。 彼女は物理学を専攻している大学院生。凄く優しくて健気な娘なんだ。 俺がどんなに酔っ払って暴力を振るおうと、彼女の大事にしてるものをぶっ壊そうと文句一つ言わない。 本当に、我慢強くて優しい娘だよ。それどころか、彼…

なんていうかバラバラに・・・

駅での出来事。 最近残業続きで寝不足気味だった俺は、ある日気付くとホームで寝転がってしまっていた。 まわりにいる人たちが迷惑そうな顔で俺を見下している。 中には罵声を浴びせてくるやつもいた。 だが俺は、猛烈な睡魔に勝てずに寝続けていた。 そんな…

遭難

12月4日。この雪山に遭難して約24時間。 古い山小屋ではロクに暖も取れず、少々寒いが外で過ごす事は出来ない。助けはすぐに来るに違いないだろう。 12月6日。助けはまだ来ない。この吹雪だから捜索が難航しているのだろう。落ち着いて待つ事にする。 ・時計…

かくれんぼ

「もうすぐご出棺なんだからじっとしてなさい!」 おじいちゃんのお葬式が退屈だったから 同い年ぐらいの親戚の子たちとかくれんぼしてたら お母さんにひどく怒られた。 親戚の子と言っても大勢いて 何回か会った子もいたけど全然知らない子もいた。 他の子…

雑居ビルのエレベーター

運送会社の配達員をしていた頃の話。 いつも通り昼間の配達にまわっていた。 それは繁華街の路地裏にある、築うん十年も経ってるであろう古くて人気もない雑居ビルに行った時のこと。 真夏だったし割と上階へ登らなければいけなかった為、つい怠けてエレベー…

休みが無くなった!?

ある無人島に6人の女と1人の男が流れ着いた。最初こそ協力して生活していたものの、若い女達は夜な夜な男を求めるようになった。1日交代制で男の休みは日曜のみで、疲労の色は増した。 そんなある日、島に一人の男が流れ着いた。「助かった、これで休みが増…

譲らなければよかった

この山の崖は景色が良くてちょっとした名所。 展望台に出ると風が気持ちいい。 先には望遠鏡が設置されている。 自分の家はあっちの方角かな、なんて考えながら近づくと同じタイミングで一人の男が近づいてきた。 「あ、お先にどうぞ」 『ありがとうございま…

進んでしまったら戻れない

よく三歩歩いて二歩下がるっているが俺には無理だ だって二歩は無意味になるんだからだったら一歩ずつ前進すればいいじゃんと俺は思うんだけどな それに俺はそんな地道にやる時間なんてないし 一歩進むごとにいままで俺をこき下ろしてた上司とかが敬語になる…

誰が

ある日彼からムービー付きメールが届いた。 なにかと見てみると自殺する内容だった。 縄に首をかけ首を吊って苦しそうに、もがいて彼は逝った。 そこでムービーは終わった。 ーーーーーー その映像を誰が撮った!?

漢字て

小学校に入る前の娘と遊園地に行った 入り口には看板が貼ってあって、楽しんでねと書かれていた まだ字が読めるようになったばかりの娘が、まじまじとその看板をみていて微笑ましかった ジェットコースター、観覧車、コーヒーカップ、と色んな乗り物に乗った…

降りなければよかった

ある家族が妻の実家に遊びに行くために田舎までのバスに乗っていた。 山のふもとあたりまできたときに、子供が「おなかへった」とだだをこね始めたので、しょうがなく途中のバス停で降りて近くの定食屋で食事をすることにした。 食事が終わり定食屋に設置さ…

人身!?

私は仕事の時はいつも電車に乗っている。 今日も電車に乗っていると、突然目の前に女性が現れた。 ああ、またか。 気が滅入ってしまう ----- 電車内から窓の外を見ていて・・・ それで目の前に突然人が現れるシチュエーションって・・・それでしょうね…